グループ概要 水まわりリフォーム






クリナップ






 
  トップページ > 住宅設備リフォーム > 外壁塗装

 外壁屋根の塗装は、建物の印象に大きく関わります。塗装が傷んだ建物は、大きく美観と損ねます。
 しかし、塗装の痛みは、美観への影響だけに留まりません。外壁・屋根の塗装は、もうひとつ大事な役目があります。それは、外的な要素(雨など)から、建物の構造体を守るという役目です。塗膜の剥げた外壁・屋根は、それ自体がむき出しになり、雨ざらしになります。すると、劣化が一気に進み、雨が内部の構造体まで侵入し、深刻なダメージを与えます。
「見た目が悪いけど、もう少し我慢しよう」と、タイミングを延ばし延ばしにすると、建物自体が歪んだり、腐ったりする原因となります。外壁・屋根をきちんとメンテナンスすることは、家屋の寿命にとって大きなプラスとなります。

●塗替え時期のチェックポイント
 外壁屋根の塗替え目安として、以下のようなポイントがあります。
 【チョーキング現象】……チョーキングとは、紫外線や熱などで塗装膜が劣化し、触るとチョークのように粉状になって手についてしまう現象です。塗替えが必要な時期にきている目安になります。
 【藻・カビの発生】……塗料の劣化・色あせ・防水性低下をそのまま放置すると、壁がが水分を吸収し、藻・カビの温床となります。美観を損ねるだけでなく、建物の強度的ダメージにつながり、さらにアレルギーの原因の一つになる場合もあります。
 【ひび割れ】……ひび割れが起きた箇所から水が入ると、壁内部やコンクリートの劣化につながります。木造の場合は柱が腐食する等、構造体に深刻なダメージを与えることがあります。
 【屋根の劣化】……屋根も太陽の紫外線や雨などで塗料が劣化します。塗替え時期が過ぎると表面がボロボロになり、防水性が低下して雨漏りの大きな原因になります。

●塗料の種類について
 塗料は用途に合わせて、いろんな種類があります。塗料代が安価だからと、適正でない塗料を使って塗装工事をすると、耐久年数が短く、かえってコスト高となってしまいます。また最近では遮熱塗料など、機能性塗料も普及しています。お客様のご予算に合わせて機能性も検討されて見てください。

●カラーシュミレーションについて
 タックでは、お客様のご要望に応じて、コンピューターでカラーシュミレーションを作成し、より具体的でわかりやすい資料をお渡しすることができます。シュミレーションをすることで、最初は考えてもみなかったカラーリングにたどり着くお客様もいらっしゃいます。是非お試しください。



 
 
 
   
Copyright TAC Co., Ltd All rights reserved.